080-8735-4361
桜木町ブリリアントボディです。エステシャンとして技術がある事それは大切な事です。しかし、それだけでは他と一緒だと思います。お客様の”心と体を理解し”健康で美しい体、前向きになれる気持ちをつくりたいという気持ちで接しております。'’貴方にお願いしたい"と言われる。それが素晴らしい、技術とおもてなしだと思います。お客様との貴重なお時間を大切にします。

今、介護脱毛をするのは賢い。自分も気持ち良く介護を受けれるし、する側の事も考える。。

近頃、将来を見据えてアンダーヘアの脱毛をする人が増えています。テレビでも話題になる事もあります。"介護脱毛''と呼ばれています。それは具体的にどの部位を脱毛するものなのでしょうか?そしてどの様なメリットがあるのでしょうか?   

介護を受けやすい。。受ける側もする側も。''ケアがしやすくなるV.I.O脱毛

介護脱毛とは、将来、自身が介護される状況になった時の為にアンダーヘアを脱毛しておく事を言います。部位は''VIO''と呼ばれる3カ所で、Vはビキニライン、Iは性器まわり、Oは肛門まわりです。

今は40代の方が特に大くなって来ている。。それはちょうど親の介護が現実的なものになり、アンダーヘアが無い方がいいと思い始める年齢なのかもしれないですね。

 

便や尿はどうしても毛に付着します。自身で綺麗に拭き取れればいいのですが、オムツをしている場合はそうもいきません。特に便の場合、オムツの間にべったり広がり乾いてしまうことも。そうなるとただ拭いただけでは取れないんですね。排泄物が毛に絡まっていると介護の清拭の際に時間が掛かるだけでなく、匂いや皮膚を痛めて感染症にもなります。肌の免疫力も年齢で下がっているからです。ケアのしやすさだけでなく、健康上の観点からもアンダーヘアは無い方がいいのです。 

ではいつのタイミングでVIO脱毛をしましょうか?

これも大事です。全部無くすのは。。今は恥ずかしい。日本では、ハイジニーナ(清潔にするという意味)と呼ばれる無毛状態は抵抗を感じる人も多いです。白髪のアンダーヘアになりますと、光脱毛、永久脱毛は難しいですので、Vラインは自然に残しおき、40代、50代のうちには全て無くすのが良いと思います、どの様なデザインにするか。。などは小判型、縦長、逆三角形などありますが、とりあえず、IとOだけ脱毛を済ませておき、後にやっぱりVも全部要らないなと思ったら、その時また、光を照射するのもお勧めです。アンダーヘアが白くならないうちに!が大事なタイミングです。

 

介護脱毛と言う言葉。